ラメグラデーションのやりかた

MENU

ラメグラデーションのやりかた

ラメグラデーションのやりかた

ラメグラデーションの特徴
ラメグラデーションはクリアをベースにキラキラと光るラメのグラデーションをいれたイメージです。
爪先にいくほど色を濃くしていくのと、ラインストーンが綺麗に見せるポイントです。
ラメもストーンも同系色でまとめることで上品さを演出できます。
オフィスなど日常シーンにもさりげなく取り入れられるデザインです。
ジェルとラメを混ぜて使う
今回はクリアジェルにグリッターを混ぜて使います。

グラデーションをつくるブラシワーク
自然なグラデーションを作る筆の動かし方をマスターしましょう。
準備する道具・材料

ラメグラデーションのやりかた

@ジェルクレンザー
Aクリアジェル
Bグリッター シャンパンゴールド
Cラインストーン ゴールド系を大小4種類
Dウッドスティック
E筆 オーバル
Fアクセサリーピッカー
Gスパチュラ
Hペーパーパレット
Iワイプ
Jキューティクルオイル
KUVライト

ラメグラデーションの手順

基本のプレパレーションを行います。

ラメグラデーションのやりかた

クリアジェルを爪全体に塗布します。 皮膚につかないように気をつけてください。もしついてしまったときはウッドスティックなどで取り除きましょう。

ラメグラデーションのやりかた

UVライトに1分あてます。

ラメグラデーションのやりかた

ラメ入りのジェルを作ります。 ペーパーパレットにクリアジェルをとります。

ラメグラデーションのやりかた

続いて、スパチュラでグリッターをとり、クリアジェルに混ぜ込みます。

ラメグラデーションのやりかた

混ぜ合わせたものを筆にとります。

ラメグラデーションのやりかた

まずラメ入りジェルを爪の先端にのせ(@)、それから筆を縦方向に動かして(A)、キューティクル側へと伸ばしていきます。こうすることで、爪の先が盛り上がらずに美しく仕上がります。どこまで伸ばすかはお好みで調節してください。

ラメグラデーションのやりかた

UVライトに1分あてます。

ラメグラデーションのやりかた

ラメ入りジェルの2コート目です。1コート目と同じ要領でジェルを爪先から伸ばしていきますが、1コート目よりも手前でとどめます。こうすることでグラデーションが出来上がってきます。 最後に、爪先端にラメ入りジェルを乗せてフリーエッジを隠します。

ラメグラデーションのやりかた

UVライトに1分あてます。

ラメグラデーションのやりかた

ラインストーンを貼る下準備として、クリアジェルを薄く塗ります。量が多いとラインストーンが動きやすくなってしまうので注意してください。

ラメグラデーションのやりかた

アクセサリーピッカーの先端にクリアジェルをごく少量とり、ラインストーンを吸着させます。

ラメグラデーションのやりかた

ラインストーンを好みの位置に配置します。メインとなるストーンからおいていくとバランスが決まりやすいです。

ラメグラデーションのやりかた

同じ要領で、その他の大きさのラインストーンも配置していきます。 この作業は少量のクリアジェルをつけた筆で行ってもよいでしょう。

ラメグラデーションのやりかた

UVライトに15秒あてます。ラインストーンの影になる部分はライトがあたりづらいので、指先を動かしてまんべんなく光をあてます。

ラメグラデーションのやりかた

クリアジェルで全体をコーティングします。 爪の先端にも忘れずに塗りましょう。

ラメグラデーションのやりかた

UVライトに3分あてます。今回が最終硬化です。

ラメグラデーションのやりかた

硬化が完了しました。

ラメグラデーションのやりかた

ジェルクレンザーを含ませたワイプを使い爪表面に残った未硬化ジェルを拭き取ります。 拭き残しがあるとキューティクルオイルを塗ったときに、表面が曇ってしまうことがありますので丁寧に行ってください。

ラメグラデーションのやりかた

仕上げにキューティクルオイルで爪のコンディションを整えます。指先にオイルを優しく揉み込むようにマッサージしてください。

ラメグラデーションのやりかた

これで完成です。

ラメグラデーションのやりかた

初心者が失敗しやすいポイント

爪先にジェルが溜まるとぷっくりと盛り上がってしまい、シルエットがもたつきます。
厚みが均一になるように伸ばしましょう。
キューティクル側にクリアな面を残しておくと、爪が伸びてきたときに目立ちにくいという利点があります。
アレンジを加えるなら……
  • グリッターの色を変えてみましょう。
  • カラージェルの上にラメグラデーションを重ねてみましょう。
  • グリッターを多色使いしてみましょう。
  • ラメグラデーションにネイルシールを組み合わせてみましょう。
カラーグラデーションよりも簡単なラメグラデーションは、気軽にチャレンジできるデザインのひとつです。
ブラシワークのレッスンにもなるので、ぜひチャレンジしてください。